FC2ブログ

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゲームマーケット2013春の頒布物詳細

続けてぶ~です。

直前で、しかもあまり詳細でもないのですが(;・∀・)!
明日、2013年4月28日、東京ビッグサイトにて行われる
ゲームマーケット2013春の頒布物のおしらせです!

IMG_1048.jpg IMG_1050.jpg IMG_1051.jpg

ぶ~村は卓番号321にて出展致します。

頒布物は
オリジナルカードゲーム
FISTTCGスターターセット・・・1200円
ブースターパック・・・200円
個人誌(マンガ)FISTTCG Phase0・・・200円
個人誌とブースターセット・・・300円

となります。

スターターセットにはケースとカード64枚
(光の要素カード12枚、水の要素カード12枚、
植物カード40枚、いずれも内容は固定)
とB5中綴じ12ページのコピー冊子によるマニュアルが
付属します。

基本はこのままでのお渡しになりますが
袋などご入用でしたらお申し付けください。

ブースターパックは内容に若干のばらつきがある
植物カード10枚を封入してあります。
用意数はあまり多くありません。

Phase0については筆者の既刊の同人誌になります。
執筆時とはルール部分が変わっているので
主に世界観について触れて頂ければ、という趣旨のものです。
こちらをブースターとセットでお買い求め頂ける場合は
セット価格300円に致します。
宜しくお願いします!

イベント卓も用意しております。
簡易ルールにて体験して頂く予定ですが、
もし興味おありでしたら、通常ルールでの対戦も
対応致します。常時は無理かもしれませんので
スペースにいるスタッフにお声かけ下さい。

簡易ルールは説明に5分ほど、プレイ時間15分ほどに
なる予定です。簡単なアンケートもあるかと思いますので
お時間に余裕のある方は協力頂ければと思います。

あと・・・ないかと思いますが・・・(;・∀・)
取り置きなども対応致しますので、
もし希望される方おられましたら
こちらのコメントか筆者のtwitterまで
コメント頂ければと思います。

では明日、お待ちしております!


スポンサーサイト

| おしらせ | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニュアルver.1.0公開です

ぶ~村のぶ~です。

大変間が空いてしまいましたが、
そしてもうゲームマーケット前日ですが!
スターターセット付属のマニュアルver.1.0を公開します。
容量の関係で縮小しているので読みづらくてすみませんが、
なるべく等倍にてご覧頂ければと思います(-_-)。

rulebook1304_v10_01.jpg
rulebook1304_v10_02.jpg rulebook1304_v10_03.jpg
rulebook1304_v10_04.jpg rulebook1304_v10_05.jpg
rulebook1304_v10_06.jpg rulebook1304_v10_07.jpg
rulebook1304_v10_08.jpg rulebook1304_v10_09.jpg
rulebook1304_v10_10.jpg rulebook1304_v10_11.jpg
rulebook1304_v10_12.jpg

内容は通常ルールメインで書かれています。
簡易ルールについてはこちらで更新した分で
ほぼカバーできるかと思います。

本来はこちらで簡易ルールと通常ルールの違い、についてざっと触れてから
その内容をまとめつつマニュアルにしていこうかと思ったのですが
あまりにもマニュアル作成に難航していたため
ブログの方はまったく更新できませんでした、すみません・・・(';ω;`)!
どうしたら分かりやすいかベージュ氏と検討を重ねて作ったものです。

実際に付属するのはモノクロ版になります。
B5中綴じ12ページの冊子です。

質問等御座いましたらコメントなどで連絡頂ければと思います!
宜しくお願いします!





| FISTTCGのルール | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第3回 「簡易ルールでの各フェイズについて」

こんにちは、ベージュです。
第2回、3回はぶ~との共著でお送りします。

(※2013/4/14 視認性向上のため画像を更新しました)

今回は簡易ルールでのゲームの流れと、
ターンを構成する各フェイズについて触れていきます。
通常ルールについては後日説明します。

ターンといっても、どちらかに攻撃・防御などの順番が交互に
回ってくるわけではありません。
FISは常に同時進行で、どちらのプレイヤーも出来ることは同じです。
ラウンド、などの区切りの呼称の一つとして捉えて頂ければと思います。

【事前準備】


ゲームに使用する自分の山札カードを選びます。

簡易ルールでの構成カードの内訳は以下の通りです。

水の要素カード :6枚
光の要素カード :6枚
植物カード   :8枚

簡易ルールにおいては植物カードは全て同一の種として扱うので、
自由に8枚を選んで下さい。

選び終わったら、それらをよく切り混ぜ山札とし、
自分側の山札置き場に伏せて置きます。


【ゲーム進行】


簡易ルールでの全体図です。
全体130414-01

プレシーズン
1) 最初に「フィールドキーパー」を置くプレーヤーを
じゃんけんやサイコロ等を使用して決定します。
どちらかの陣営のセッティングエリアの先頭に、
フィールドキーパーを置いてください。
(実際にはおはじきカウンター的なコマで代用して頂きます。)

2)お互いに、 自分の山札から7枚カードを引いて
手札とします。手札は相手には見えないように持ちましょう。
  その後、6)に進みます。


オープニングフェイズ
3) 「フィールドキーパー」を相手のセッティングエリアの先頭に移動させます。


ドローフェイズ
4) 各プレイヤーが自分の山札から、手札が8枚になるまでカードを引きます。
  
カードを引く際に山札がなくなった場合は、バックヤードにあるカードを
全て切り直して、新たな山札とします。
その後、新たな山札から不足分の枚数を引きます。

5)手札の1枚を選択してバックヤードに表向きに置きます。
これで手札を7枚にします。植物と要素のバランスを考え、
捨てるカードを選びましょう。


セッティングフェイズ

配置130414a 配置130414b

6) 各プレイヤーが手札から4枚を選択し、裏向きにして
セッティングエリアの先頭から置いていきます。
置き方は画像を参照してください。置く順番は自由ですが、必ず4枚置きます。
図中では5枚目にも置ける枠が用意されているように見えますが、これは
先手・後手の順番によって置くターンと置かないターンがあると考えてください。

判定フェイズに入るまではセットしたカードの順番は何度変えても構いませんし、
手札と入れ替えることも可能です。
ただし判定フェイズに入ったら一切変えてはいけません。
お互いに確認をとった上で進行するようにしましょう。


判定フェイズ
7) 各プレイヤーが同時にセッティングエリアのカードを表無きにします。

8) フィールドキーパーの置かれていない側から順に
植物の生育判定を処理していきます。
セッティングエリア・残要素エリアにある要素カードは、
どちらのプレイヤーが出したかに関わらず早い者勝ちで消費できます。
※具体的な処理方法は第2回をご一読ください。

9) 判定に成功した植物はその段階でFPが加算されます。
(簡易ルールでは全て1点。)成功した植物カードを自分のフィールドに移動します。
FPが5点に到達するのが早いプレイヤーの勝利となります。

消費された要素や、判定に失敗した植物は、各プレイヤーのバックヤードに
表向きに置きます。
バックヤードは陣営ごとに分かれていますが、いつでも自分からも相手からも
見られるようにしておいてください。

消費されなかった要素カードは全て残要素エリアに置きます。
この領域に置かれたカードはどちらの陣営にも属さない扱いとなりますが、
実際の進行上では混ざらないように区別しておくのがいいでしょう。


この後にエンドフェイズがありますが、
簡易ルールでは処理はないので、<オープニングフェイズ> 3) に戻ります。





以上が1ターンの流れです。
2回目、3回目のルール説明で、ゲームの流れは掴めましたでしょうか?

実際には簡易ルールに必要なのは3種類のカードだけなので、
トランプ等で再現することも可能です。
興味のある方はお試しください!

通常ルールでも基本の流れは同じなのですが、よりダイナミックに
ゲームを展開させる仕掛けがいくつか追加されます。
たとえば光/水が2/2以上必要な植物が多数ありますが、
簡易ルールのままでプレイする限りまず生育させるのは難しいでしょう。
通常ルールでは特性やスキル等の効果があるため、意外にも多くそれらを
成功させられる機会がありますし、そうした機会を狙っていくことで
勝負が決することになります。

詳しくは後日の更新をお楽しみに!

| FISTTCGのルール | 14:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第2回 「植物の生育方法について」

こんにちは、ベージュです。
第2回、3回はぶ~との共著でお送りします。

(※2013/4/14 図の間違いがあったのと視認性向上のため
画像と一部説明を更新しました。相手側の動きを示す矢印の色を変えました)


前回、要素カードを消費することで、植物カードを生育させることが出来る、と
書きました。
今回はその具体的な「植物の生育方法」のルールと、主に生育判定の流れについて
触れていきます。それ以外のゲームの流れについては第3回をご覧ください。
生育方法に関しては、一部のスキルを除き簡易ルールでも通常ルールでも同じです。
FISの基本となる考え方になるので、ぜひ覚えて慣れてください!

sun_s.gif water_s.gif plants_s.gif

なお簡易ルールでは植物は全て同一のものとして扱うので、
図中では上の3種類のイラストをそれぞれ光・水・植物の代用とすることにします。



【植物の生育判定方法】


kihon130407-01.jpg

ではまず例として、簡単な4つのケースを見てみましょう。
矢印は処理の順序で、ここでは左側のカードから順に処理していくことを表します。

ポイントは「順番」です。
植物は、その置かれた場所よりも前に、必要な要素が足りていれば
それらを消費して生育できる
、ことになります。
判定成功=植物が生育し、花が咲く、ということです。
そうなるよう順番を考えてカードを出していってください。

kihon130407-01a.jpg

・一番上の例、簡易ルールでは全ての植物が
必要生育ポイント光/水それぞれ1/1として扱うので、
それぞれの要素を消費して成功となります。


kihon130407-01b.jpg

・2番目、要素が足りていれば、順番は関係ありません。こちらも成功です。


kihon130407-01c.jpg

・3番目、これは失敗の例です。光が2枚あるだけでは植物は生育できません。
光を1枚消費して失敗、となります。


kihon130407-01d.jpg

・4番目、こちらも失敗の例です。植物が置かれた段階で要素が揃っていなければ
生育できません。光を消費して失敗となります。

以上が基本となります。これらを踏まえ、
実際のゲーム中で消費した要素カードや、成功・失敗した植物カード、
残った要素カードはどう動かすのか等を、全体図の中で説明していきます。


【ゲームの全体図】


全体130414-01

画像は簡易ルールでの全体図です。
大きく中央で、自分側・相手側に使う領域が分かれています。

・山札置き場
お互い自分の使う山札をそれぞれ伏せて置く場所です。

・セッティングエリア
手札から選んだカードをセットし、その生育判定が行われる場所です。
お互いのプレイヤーがそれぞれの側に裏向きにカードを出すことを「セット」と言い、
判定の際にはそれを一斉に表にします。

・フィールドキーパー
ゲームのガイド・審判的な存在で、各陣営のセッティングエリアの一番最初の枠を
毎ターンごとに交互に移動します。
置かれた陣営は後手となり、置かれていない側から判定が開始されます。

・バックヤード
いわゆる捨て札置き場です。手札から捨てるカード、
判定に失敗した植物カード、消費された要素カードは
自分のバックヤードに表向きで置いていきます。
 
・残要素エリア
生育判定で消費されなかった要素カードが置かれる場所です。

・フィールド
生育判定に成功した植物カードが置かれる場所です。
成功した植物カードを自分のフィールドに表向きにして置きます。


【セット~判定の流れ】


配置130414a

対戦時には、上記のように手札からカードを裏向きに4枚、好きな順番で
自分のセッティングエリアに配置します。
この例ではフィールドキーパーが相手側にあるので、
矢印が示すように判定は自分の側から開始されます。


sheet130414-10a.jpg

両プレイヤーがカードをセットし終わったら、同時に表向きにします。
基本ルールに則って、それぞれの出した植物が成功か失敗か、
矢印の順番に見ていきましょう。
実際の対戦では、自分の出した要素カードだけでなく、相手の出した要素も利用して
植物を生育させることが出来ますし、逆に、自分の出した要素を利用されて
相手の植物が生育する、というケースも出てきます。

判定は同じ方向で処理していくので、
片方のプレーヤーは「左から右」、もう片方は「右から左」の処理となる点に注意です。


sheet130414-10b.jpg

・最初に判定するのは、自分が2番目に出した植物カードとなります。
自分が1番目に出した光、相手の1番目の水で必要な要素が揃っているため、
判定は成功です。
この時点でFPが1点自分に入り、植物カードをフィールドに移動させます。
消費した要素はそれぞれのバックヤードに移動させます。


sheet130414-10c.jpg

・続けて相手側3番目の植物。この順番までには光が2枚しかありません。
必要な要素が揃わなかったということで、相手側の光1枚を消費して判定失敗です。
判定に失敗した植物は、消費した要素と同じくバックヤードに移動します。


sheet130414-10d.jpg

・あとは要素カードしかないので判定は行われません。
使われなかった要素カードは全て、「残要素エリア」に移動させます。


セッティングエリアと残要素エリアに置かれた要素カードは
どちらのプレイヤーが出したかに関わらず、早い者勝ちで消費されます。

自分が要素を出して準備している間に、
相手にそれを消費されてしまうケースもある訳です。


ここまでが一連の判定処理です。
ここでは自分側に1点のFPが入りました。
簡易ルールでは5点先取したプレイヤーが勝利となります。

この例を続けてもう少し見てみましょう。
(途中のオープニング、ドローフェイズは省きます。)



sheet130414-11a.jpg

次のターンはフィールドキーパーが移動し、相手側からの先手となります。
残要素エリアには既に植物が生育するのに十分な要素が揃っている状態です。

こういったケースの場合、先手となるプレイヤーは
1番目に植物を出せば確実に成功させられます。

逆に、自分が成功するには何番目に植物を置けばいいでしょうか・・・?
相手が一番目に植物を出すのは間違いないでしょう。
すると残要素エリアに残るのは光のみとなります。
どちらかが水を出した後で、相手よりも早く植物をセットできれば
成功というわけです。
対戦相手のクセを読んだり、ときには賭けに出て
リスキーなセットの仕方を試みるのもよいでしょう。


sheet130414-11b.jpg

・ここではこのようになったとします。
自分側は相手が水を出すことを期待して、最後に植物を置くという選択をしました。


sheet130414-11c.jpg

・では判定開始です。相手側の1枚目は成功です。残要素エリアの要素カードは、
どれを消費しても構いませんが、ここでは前のターンに相手の出した光と、
自分の出した水を消費し、それらをバックヤードに送っています。


sheet130414-11d.jpg

・続けて相手側の4番目の植物です。相手の出した水と、
残要素エリアに残った光を消費して成功、となります。
残要素エリアの要素は植物に消費されるまではターンをまたいで残り続けます。


sheet130414-11e.jpg

・最後に自分の4番目の植物です。ここでは自分の選択は
あまり良くなかったようです。
残った要素のうち、自分側2番目の光を消費して、判定失敗となります。


sheet130414-11f.jpg

・使われなかった相手の出した光、自分の出した光2枚を
残要素エリアに移動して、判定処理は終了です。

今回は読みが外れ、自分が0枚、相手側が同時に2枚成功となりました。
そしてこのまま続けると・・・次のターンでは光が3枚残った状態での
自分の先手となり、更に読み合いが必要になりそうです。
こうしてゲームは続いていきます。

残要素も早い者勝ちです。
戦略として、自分の植物(だけ)を成功させ、相手には失敗させる、
ということを目的にセットの順番を考えていくことがゲームの肝となります。
相手側が先手になる際に残要素が無い、もしくは光か水の片方のみとなるように
持っていけるのが理想ですね。




ということで、判定の基本は以上です。
ここまでの説明では手札のことを考えていないので、
実際には毎回手札に全ての種類のカードが揃っているとは限りません。
今回は「ターン」という言葉を使ってしまいましたが、
ゲームでの一連の処理の流れをターンと呼び、
1ターンは5つ(簡易ルールでは4つ)のフェイズで成り立っています。
どこで何枚のカードを引く、等の判定以外の部分の流れは
次回に説明していきます。

それではまた!

| FISTTCGのルール | 14:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。